引き寄せる方法は…

オーディション情報はどのように集めたらよいでしょうか?

オーディション情報は待っていてもなかなか手元にやってきません。

スカウトされるのを狙って、原宿などを闊歩する…という待ちの姿勢だけではチャンスはなかなかつかめません。

オーディション情報は自分から常に取りにいくことだ大事です。

まず、自分が受けたいオーディションのジャンルを確定します。

そして、それに沿った媒体を常にチェックすることです。

雑誌、ネットのオーディション情報は、ジャンルに分かれていますから、膨大な情報の中からでも、的確にセグメントすることが可能です。

そして、自分が受けたい、行きたいプロダクションのHPを常にチェックすることが第一です。

その周辺のプロダクションも抑えて、情報収集のために常にチェックします。

モデルなどのオーディションの最新情報はスターバンクで!

オーディションに受かることは、なかなか簡単なことではありません。

ですから、自分でチャンスを広げるには、オーディション情報の枠を広げることも大事です。

チャンスを総ざらいするような気持ちです。

そうすることによって、オーディション情報をキャッチしやすくするのです。

多岐に渡った時期、期間も無駄なく、オーディションにチャレンジできます。

自分がオーディション情報をより多く入手して、チャレンジしようと決めたら、自分の方向性の希望にあった専門学校に登録、入学することも大きなきっかけとなり得るでしょう。

自分に合ったジャンルの専門学校のボードをチェックすることも、有効な方法ですし、先生からもアドバイスや情報がもらえます。

友人とのネットワークで、オーディション情報を漏れなく情報交換することも有効です。

専門学校には、プロダクションやその他から、このような人材はいないか?とリサーチにくることもしばしばあります。

専門学校に登録することで、自分の情報の間口を広げ、オーディション情報を引き寄せることも期待できるのです。